アーカイブ

令和元年度民生委員・児童委員リーダー研修会

 本研修会は,新任委員への助言や支援において重要な役割を果たす単位民児協のリーダー層の方々を対象として,リーダーに期待されるものや日々の活動において意識して取り組むべきこと等について理解を深めることを目的に開催されました。 

 初日は,厚生労働省社会・援護局地域福祉課地域福祉専門官 玉置 隼人氏による「地域共生社会の推進と民生委員・児童委員への期待」と題した行政説明の後,全国民生委員児童委員連合会副会長 藤目 真晧氏から「100周年活動強化方策と地域版 活動強化方策作成のねらいについて」と題した基調報告が行われました。続いて,全国社会福祉協議会民生部部長 佐甲 学氏から,「100周年活動強化方策推進の状況と全民児連事業について」と題した講義があり,その後,東洋大学助教授 泉谷 朋子氏から,「子どもの人権課題への理解を深める」と題して人権学習が行われました。

 2日目は高崎健康福祉大学教授 金井 敏氏による「地域版 活動強化方策の策定に向けて」と題した講義とグループ討議が行われ,3日目にはグループ討議の振り返りが行われました。

 本連盟からは,2名の民生委員・児童委員を派遣しました。

 

日 時 令和元年9月2日(月)~4日(水)

主 催 全国民生委員児童委員連合会,全国社会福祉協議会

場 所 新横浜プリンスホテル(神奈川県横浜市)

参加者 西京区及び伏見区から各1名

令和元年度地域福祉推進セミナー

 社会的孤立や生活困窮の問題が深刻化している中,社会福祉協議会と民生児童委員との連携強化がこれまで以上に重要となっています。

 こうした認識を共有するため,今年度も社協・民協合同研修という位置付けで当セミナーを開催しました。

 セミナーでは,「地域あんしん支援員設置事業」の取組に関する実践報告をもとに,「共に生きる福祉のまちづくり」の実現に向け,社会福祉協議会,民生児童委員,行政等の多様な関係機関がそれぞれの特色や役割を理解し,どのように連携することができるのか考えました。

 

 日 時 令和元年8月30日(金)

 場 所 ロームシアター京都 サウスホール

 参加者 514名(要員・関係行政含む)

 内 容

 【シンポジウムテーマ】

  「一人ひとりが地域のなかで尊重される福祉のまちづくり

   「気づき・つなぎ・支える」力の向上を目指して」

 【基調報告】   

  「「共に生きる」福祉のまちづくりの可能性~地域福祉をいかに進めるか~」

   佛教大学 社会福祉学部教授 藤松 素子 氏

 【実践報告】

  「生きづらさや困りごとを抱える人との関わりを通して」

   上京区滋野学区民生児童委員協議会   

   上京区社会福祉協議会 

   上京区役所健康長寿推進課

 

<アンケート結果>

 アンケート結果は次のとおりで,85.7%の方から「とてもよかった」,「よかった」という肯定的なご意見をいただきました。

 

回答数

割合

とてもよかった

85

35.3%

よかった

121

50.4%

普通

24

10.1%

物足りない

0.4%

無記入

3.8%

240

100%

令和元年度民生児童委員のための相談技法研修会

 本研修会は,民生児童委員活動の基本となる相談援助について,事例を交えながらの講義・演習を通して,他者理解,援助者としての態度・行動,コミュニケーション,傾聴等について,その考え方や方法等を学習し,理解を深めることを目的に開催されました。

 研修では,元梅花女子大学准教授 植田 寿之氏による講義,演習(ロールプレイ等)を通して,相談援助に係るコミュニケーション方法等について学びました。

 本連盟からは2名の民生委員・児童委員を派遣いたしました。

 

日 時 令和元年8月27日(火)・28日(水)

主 催 全国社会福祉協議会,全国民生委員児童委員連合会

場 所 新横浜プリンスホテル(神奈川県横浜市)

参加者 山科区及び西京区から各1名

令和元年度主任児童委員研修会(西日本)

 本研修会は,主任児童委員を中心とした関係者を対象に,子どもや子育て家庭をめぐる諸課題について理解を深めるとともに,各地の民児協における取組の情報交換をもとに,主任児童委員,児童委員活動の一層の充実を図ることを目的に開催されました。

 1日目は,厚生労働省子ども家庭局子育て支援課育成環境係長 柴田 哲男氏による「子ども・子育て支援の動向と主な取組等について」と題した行政説明,続いて「主任児童委員制度創設から25年,児童委員,主任児童委員活動のさらなる推進に向けて」と題した明治学院大学学長 松原 康雄氏からの講義,さらには「子どもを守り子育て・子育ちを地域で支えていくために~児童虐待の早期発見・予防に向けて~」と題したシンポジウムが開催されました。

 2日目は「「全国児童委員活動強化推進方策2017」の具体的展開に向けて」をテーマとした分散会が開催され,参加者が事前に記入したアンケートを基に,意見交換が行われました。

 本連盟からは,3名の主任児童委員を派遣いたしました。

 

日 時 令和元年8月7日(水)・8日(木)

主 催 全国民生委員児童委員連合会,全国社会福祉協議会

会 場 びわ湖大津プリンスホテル(大津市)

参加者 下京区,南区,右京区の主任児童委員

令和元年度指定都市社協・民児連連絡協議会

 指定都市における社協・民児連の共通福祉課題について協議・検討し,その事業の推進を図ることを目的に開催されている当該会議に,本連盟正副会長及び事務局が出席しました。

 

日 時 令和元年7月18日(木)・19日(金)

主 催 横浜市社会福祉協議会・横浜市民生委員児童委員協議会

会 場 新横浜グレイスホテル

 

 全体会では,厚生労働省老健局総務課及び社会・援護局地域福祉課地域共生社会推進室課長補佐 石井 義恭氏から「2040年における地域の状況予測や今後の動向について」と題して講演が行われました。

 続いて,2つの分科会に分かれて意見交換が行われました。各分科会の検討状況については,2日目に報告が行われました。

①社協・民児連合同分科会

「個別の課題を地域で支える~民生委員・児童委員と社協が進める地域づくり~/

 大規模災害に備えた地域における日頃の関係づくりについて」

②民児連分科会

「一斉改選に向けた担い手確保のための具体的な取組みについて/

 民生委員・児童委員活動を円滑に進めるには」