平成29年度民生委員・児童委員リーダー研修会

 本研修会は,新任委員への助言や支援において重要な役割を果たす単位民児協のリーダー層の方々を対象として,リーダーに期待されるものや日々の活動において意識して取り組むべきこと等について理解を深めることを目的に開催されました。

 初日は,厚生労働省 社会・援護局地域福祉課地域福祉専門官 後藤 真一郎氏による「地域共生社会の実現に向けて」と題した行政説明の後,全国社会福祉協議会民生部長 池上 実氏から「100周年活動強化方策とこれからの民生委員・児童委員活動について」のテーマで基調報告があり,その後に「障がい者への差別解消に向けて」と題し,公益財団法人東京と人権啓発センター 尾関敬二氏による講義が行われました。2日目は文京学院大学准教授 中島 修氏による「民児協定例会の活性化に向けてリーダーに求められる役割」と題した講義とグループ討議,3日目は2日目のグループ討議の振り返りの後,神戸女子大学教授 小笠原 慶彰氏から「民生委員制度創設100周年を迎えて」と題して記念講演が行われました

 本連盟からは,2名の民生委員・児童委員を派遣いたしました。

 

 日 時 平成29年11月13日(月)~15日(水)

 主 催 全国民生委員児童委員連合会,全国社会福祉協議会

 場 所 TOC有明(東京都江東区)

 参加者 上京区及び左京区の民生委員・児童委員