平成28年度民生委員・児童委員リーダー研修会

本研修会は,民生委員・児童委員活動の充実に資する学びとともに,新任委員への助言や支援などの役割を果たすリーダー層の方がたに,リーダーとしての自覚の醸成やリーダーとしての姿勢の強化を図ることを目的に開催されました。

本連盟からは,2名の民生委員・児童委員を派遣いたしました。

 

初日は,東京都人権啓発センター 研修講師 萩原剛氏による「ハンセン病と人権」のテーマで人権学習,次に全国民生委員児童委員連合会副会長 福田豊衍氏による「一斉改選を控え単位民児協の活動を継続するために~民生委員・児童委員のリーダーに期待される役割」のテーマで講義が行われました。

2日目は文京学院大学准教授 中島修氏による「民児協活動におけるリーダーの役割~新任委員を支えるために」と題した講義とグループ討議,3日目は明治学院大学学長 松原康雄氏による「児童福祉法改正と児童委員活動への期待」,立正大学教授 蟻塚昌克氏による「民生委員制度の100年について~わが国の社会福祉において民生委員が果たしてきた役割」と題した講義が行われました。

日 時 平成28年11月2日(水)~4日(木)

主 催 全国民生委員児童委員連合会,全国社会福祉協議会

場 所 東京ベイ幕張ホール(千葉県千葉市)

参加者 右京区及び西京区の民生委員・児童委員